SAFETY - 安全で快適な地下街 -

新宿サブナード地下街は、新宿地区最大の地下街として親しまれ、地下一階には、ファッション、レストランなどバラエティ豊かなショップが100店舗揃っています。また、地下2階には24時間営業・年中無休・400台収容の公共駐車場があります。その地下街を安全で快適にするため、各種防災に備えています。

防災センター

地震時の対応

地下街は地上の建物に比較すると堅固な構造となっているため、耐震性が高くなっています。地震が発生した場合は予め策定してある活動計画に基づき、自衛消防隊が速やかに初期対応を行い、来街者の安全確保を図ります。さらに、緊急措置、被害状況の確認等を行い被害を最小限に食い止めるとともに早期の復旧対策に取り組みます。サブナードでは震災に備えて日頃から自衛消防隊長を中心に平素から点検、訓練等を行い防災意識の向上に努めています。

火災発生時の対応

火災が発生した場合は自動的に火災感知器が作動し、防災センターに火災信号が表示され、直ちに警備員が現場に急行し、消火活動を行います。また、同時に排煙口が動作して煙を自動的に排出するとともに防火シャッターが自動降下し、火災の延焼拡大を防ぎます。火災感知器の発報と同時に非常放送も自動的に起動し、館内に音声放送を流します。
レストランの厨房内においてはフード(天蓋)内に簡易自動消火装置が設置されており、火災が起きるとフード内の温度センサーによ り火災を自動的に感知し、フードの下に消火薬剤を自動放出します。また、同時にガスが自動的に遮断されます。

ガス漏れ発生時の対応

ガス漏れが発生した場合は各店舗に設置されているガス漏れ検知器が作動し、自動的にガスを遮断します。また、ガス漏れ警報およびガス遮断の開閉表示は、防災センターにおいて常に監視、確認できるようになっています。

停電時の対応

地震、火災などの災害が発生し、電力会社からの電源が絶たれたときは自動的に瞬時に非常用バッテリーによる非常灯が点灯し、最低限の照度(10lx)を確保します。また、非常用自家発電設備が起動し3分の1の照度(200 ~ 250lx)を確保し、消防用設備等にも電力が供給されます。

水害発生時の対応

大雨等による水害に対しては、地上入口に水位センサーを設置し、一定の水位になると防災センターに通知されるシステムになっています。浸水防止対策としては各入口階段に防水板および土のうを設置して止水を行います。さらに浸水した場合には、来街者を安全な場所へ避難誘導するとともに非常電源等を守るため、専用の緊急排水ポンプで強制的に排水する設備を備えるなど、浸水対策を進めています。

防水板設置

AEDの設置

AED ( 自動体外式除細動器、お客様や来場者が突然倒れてしまったときに救急車が到着するまで使う心停止への救命装置です。)を防災センターに設置しています。

お問い合わせ 新宿サブナード株式会社 施設部 03-3354-6118